2013年08月21日

問題提起 「安倍晋三は高橋是清を超えられるか」 - 林川眞善

 今回は問題提起として、林川眞善氏の論考「 -高橋財政とアベノミクス- 安倍晋三は高橋是清を超えられるか」の「はじめに」の部分を引用させて頂いた。林川論考の全文は、日本シンクタンクアカデミーのホームページ(本文の一番下に示したURL)にアクセスしてご覧下さい。

はじめに  安倍晋三を勇気づける先人

今から80年前の昭和初期、当時デフレ下にあった日本経済を積極財政の展開を通じ、つまりリフレ政策でデフレからの脱却を果たした政治家がいた。その名は'高橋是清'、総理大臣、6回の大蔵大臣を経験した政治家だ。

その彼は'事態'の経過と共に、軍靴の音、高まる環境にあって、財政規律の確保を図るべく膨張する軍事費の削減に必死に取り組んだのです。そして、その結果は軍部の不興を買い、ついには青年将校らが決起した反乱(2・26事件)に遭遇し、一命を落とすことになったことは周知の処。しかし、それ以上に、デフレからの脱却を果たした'時の蔵相'高橋是清は、信念に徹した政治家としてその名を残す処となっている。

さて、アベノミクスを介して日本経済の再生を目指す安倍首相の政策行動は、これまで、高橋是清のそれに倣うがごときであり、時に、安倍自身、「高橋は私を勇気づけてやまない先人」と、コメントしてやむことがない。では、安倍晋三は'高橋’を学び、また'平成の高橋是清'になろうと言うものか。

そこで、R.J.スメサースト著「高橋是清:日本のケインズ-その生涯と思想」(東洋経済新報社、2011年)をベースに、当時、'「金解禁」の停止'、'積極財政の導入'で脱デフレに成功した(1)高橋是清の世界をレビューし、併せて、是清の思考様式、行動様式に照らしつつ、(2)'アベノミクスの可能性'、とりわけアベノミクスで目指す成長戦略の可能性につき考察する。

本論考の全文は以下のサイトでご覧頂けます。
http://www.npo-jtta.jp/pdf/report1308.pdf


posted by jtta at 10:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。